牛の海泳ぎ

 牛の海泳ぎの起源については、詳しい資料がないのですが、牛を泳がせ始めたのは、江戸時代とも言われています。知夫里島本島には、西牧・中牧・居島牧・東牧の4つの公共牧場があります。冬になると公共牧場の牧草も少なくなり、放牧されている約500頭もの牛たちは、農家の牛舎や個人牧場で飼育されます。 しかし、牛舎や個人放牧場を持たない人もおり、冬にも牧草の残っている島津島に12月〜4月までの間放牧しています。しかし、牛を乗せる船がないために、牛を泳がせて離れ島である島津島に渡していました。これは、その行事を再現したものです。

お問い合わせ・お申し込み‥‥知夫里島観光協会   

     電 話‥‥08514-8-2272

知夫村だけのONLY ONE事業
期 間……4月〜9月

料 金……10名まで10,000円(1名増ごと1,000円)
       ※ なお、知夫村内宿泊施設利用者は半額

注 意……荒天により、中止となる場合があります。